一般歯科・インプラント・ホワイトニング・歯周病治療 札幌市西区琴似の歯科医院

ハタテ歯科クリニック

  1. HOME
  2. 入れ歯について

入れ歯について

入れ歯をうまく使いこなして快適な食生活!

新しい入れ歯は、出来上がったその日からうまく噛めるとは限りません。何度か歯科医院で調整をしてお口に合うようにします。まずは入れ歯に慣れることが大切です。

食事
初めは食べづらいかもしれません。小さく切ったり、柔らかいものから食べてみたりと工夫をして、慣れてきたら徐々に硬いものへとゆっくり慣らしていきましょう。

痛み
歯肉が入れ歯にあたって痛いところなどは調整いたしますので、遠慮なくご連絡下さい。

「入れ歯の話」 放置すると健康に悪影響

入れ歯の種類

部分入れ歯(パーシャルデンチャー)
部分入れ歯

何本かの歯を連なって失ってしまった場合の入れ歯です。バネと人工の歯でできていて、支えになる自分の歯に取り付ける仕組みになっています。

総入れ歯(フルデンチャー)
総入れ歯

歯が一本もなくなってしまった場合に入れるものです。入れ歯が歯ぐきにぴったりくっつく材質になっています。

入れ歯の材質と保険

保険が適用となる材質 保険診療の入れ歯
部分入れ歯
部分入れ歯(パーシャルデンチャー)

床の材質・・・レジン(プラスチック)

人工の歯・・・レジン

バネ・・・金銀パラジウム合金・ニッケルクロム合金

※レジンは長い間に磨耗や変色が起こる場合もあります。

総入れ歯
総入れ歯(フルデンチャー)

床の材質・・・レジン(プラスチック)

人工の歯・・・レジン・既成の陶歯

保険が適用とならない材質 保険診療の入れ歯
部分入れ歯
部分入れ歯(パーシャルデンチャー)

床の材質・・・金属(コバルト、クロム、チタン)

バネ・・・コバルトクロム合金・白銀加金合金・チタン

維持装置に特別な技法を使う場合・・・アタッチメント・コーヌスクローネ冠など
数本のインプラントを維持装置として利用する義歯もあります。 MIDミニインプラント

総入れ歯
総入れ歯(フルデンチャー)

床の材質・・・金属(金合金・チタン・コバルトクロム合金など)やレジン(プラスチック)

人工の歯・・・自然の歯に近い陶歯・硬質レジン(プラスチック)金合金・白金加金合金(臼歯)

※金属の床は強く薄く、熱を伝えやすいので、味覚、発音ともに自然に近い状態になります。

スマートデンチャー

床の材質・・・金属(金合金・チタン・コバルトクロム合金など)やレジン(プラスチック)

人工の歯・・・自然の歯に近いポリカーボネート樹脂

詳しくはスマートデンチャーについてをお読み下さい。 スマートデンチャーとは

入れ歯の取り扱い

食後は必ず入れ歯をはずして掃除してください。

部分入れ歯なら、金具のところは念入りに。そのとき歯磨き粉は使わないでください。入れ歯が磨り減ったり傷がついてしまったりする恐れがあります。入れ歯洗浄剤をお使いください。

総入れ歯の場合、就寝時は安眠と口内炎予防のため必ず入れ歯を外してください。

はずした入れ歯は水かぬるま湯に入れて保管してください。

金属部分は自分で調整しないで必ず定期検診を受けてください。

顎の状態は常に変化します。合っていると思って使い続けても顎の骨に負担をかけている場合があります。長持ちさせるためにも半年に一回は定期検診を受けましょう。

入れ歯Q&A

入れ歯でも口の中を磨くの?

入れ歯はお手入れを怠ると不潔になりがちです。食後ははずして入れ歯を丁寧に洗い、歯肉マッサージもしてあげましょう。

熱湯消毒をしてもいいですか?

入れ歯は高熱で変形する材料を使っているので、水かぬるま湯で入れ歯専用のブラシと洗剤でお手入れをしてあげて下さい。

口に合わない入れ歯を使いつづけても大丈夫?

見た目はもちろん、残っている歯や顎の骨・歯ぐきにも悪影響を及ぼします。無理な力がかかって、歯肉がぶよぶよになったり、顎の骨が減ってしまったりしますので、痛いときや違和感のあるときは遠慮なくご連絡ください。

入れ歯はずっと使っていられるの?

年齢と共に歯肉がやせてきたり、義歯そのものがすりへってきたりなど、お口の中の環境が変化するため、入れ歯をぴったり合わせるには専門家のお手入れが必要です。そのために半年に一度はかならず定期検診で入れ歯の調整をしてもらいましょう。

スマートデンチャーとは

スマートデンチャーはバイオマテリアル熱可塑性樹脂を使用し、より審美性を重視したメタルクラスプレスデンチャーです。

メリット
スマートデンチャーは従来の製品と比べ以下の点において優れています。
  1. メタルの維持装置が無いため、見た目が綺麗で入れ歯と気付かれません。
  2. 審美性にたいへん優れています。
  3. メタルフリーであるため、メタルアレルギーの心配がほとんどありません。(ALL樹脂の場合)
  4. 材質は熱可塑性樹脂で生体為害作用が無く無味・無臭です。
  5. 吸水性がほとんど無いため、汚れ・臭いの発生が少ないです。
  6. 適度な弾性があり、装着時の違和感が少ないです。
最適展開症例
スマートデンチャーは以下のような患者様に適しています。
  1. 金属クラスプが見えるのが嫌な患者様
  2. 金属アレルギー症の患者様(ALL樹脂の場合)
  3. 歯根が露出し変色している患者様
  4. 小範囲の中間歯欠損症例
注意事項
スマートデンチャーの考慮点
  1. ALL樹脂の場合メタルレストが無いため、金属床に比べ支持力が劣る場合があります。
  2. ALL樹脂の場合には咬合圧によるたわみが出ます。そのため部分的な沈下による粘膜への疼痛が発生する場合があります。
  3. ALL樹脂の場合、審美性を重視した補綴物であり、咬合を重視する症例には不向きです。
  4. 遊離端欠損、遊離端を含む複合欠損には金属床との併用がおすすめです。
  5. 極端に平行性が悪く、クリアランスが無い症例には不向きです。
  6. 樹脂アレルギー症の患者様
    ※検査が必要な場合があります。
    ※検査用試験片をご提供します。

MDIミニインプラントとは

MDIミニインプラント

下顎の総入れ歯を安定させるための細くて短いインプラントを維持装置として使います。下顎前歯部に少量の浸潤麻酔下で粘膜の上から(ケースによってはまれに粘膜剥離を必要とする)4本のインプラントを顎骨内に埋入し、同時に義歯の内面にシリコンゴム性の○リングが入ったキーパーを取り付け、あたかもフックで止めるがごとく義歯を安定、固定させる方法です。

短時間

簡単なステップで短時間に4本埋入出来ます。

1回法

1回のオペで完了します。

即時荷重

オペ日の内に機能回復し、食事が出来ます。

外科的侵襲の少ない施術

粘膜の上から埋入し、切開剥離が必要無く、患者様の負担が少なくてすみます。