一般歯科・インプラント・ホワイトニング・歯周病治療 札幌市西区琴似の歯科医院

ハタテ歯科クリニック

  1. HOME
  2. ホワイトニング

ホワイトニング

当医院では、都合の良いときに自宅でできるホームホワイトニングをおすすめしております。

「無痛」 「歯を削らない」 「麻酔が不要」で、通院する必要もなく、 読書をしながら、お料理をしながら簡単に歯を白くできる理想的な治療法です。

ホームホワイトニングとは、「ホワイトニング剤」と、個人に合った

「カスタムメイドのトレー」の二つを使用して、家庭で薬剤を塗布して行う方法です。

使用する薬剤は過酸化尿素や過酸化水素を含む薬剤です。

ホームホワイトニングは、短期間で安全にかつ効果的にホワイトニングが行えるシステムです。個人差にもよりますが、2〜4週間で輝くような白い歯になります。

「歯のホワイトニングについて」

治療後のメンテナンス

治療の期間

患者さんの生活スタイルに合わせて日中や就寝中に2〜6時間装着します。二日あるいは三日に1回は確実に実行します。 治療が完了する期間は個人差にもよりますが、2〜4週間です。但し、上下顎を治療する場合は2倍の時間を要します。

メンテナンス

医師・衛生士によるブラッシング指導を受け「プラークコントロール」を行います。

再着色の原因となるタバコ・コーヒー・ウーロン茶・ワインなどの着色因子の嗜好品を控えるほうが無難です。

嗜好品をやめてストレスを感じる場合は、無理にやめず、6ヶ月に一度程度歯科医院でプロフェッショナル・クリーニングを受けることをお勧めします。

安全性

効果を得るために「過酸化水素」あるいは「過酸化尿素」を含有したホワイトニング材が使用されております。どちらも、口腔内殺菌剤としての安全が保証されています。

ちなみに、「3%過酸化水素水」は消毒剤「オキシドール」として知られていますが、洗浄・殺菌に長年汎用されているのは毒性や副作用がなく簡単に使用できるからなのです。

どのくらい白く

指示にしたがって確実に実行していただければ治療後には「白く美しい歯」を手に入れることができます。

ただ、ご希望の「白さ」まで改善されるという保証はありません。生体にダメージを与えないように安全にホワイトニングするには限界があるのです。

普通良好な結果が得られますが、どの程度改善されるかは個人の変色の原因や歯の質・ホワイトニングを実行する度合いなどによりますのでどうしても個人差があります。

ホワイトニング開始前に認識していただきたいことは「人間の目は敏感に新しい色調を識別できるが、自分の目はその色調にすぐ慣れてしまう」ので毎日自分の歯を見ていると白さが改善されていても変化が無いように錯覚しはじめます。効果に疑問をもたれた場合は、治療開始前のデータや写真で比較することで疑問は解消されるはずです。

ホワイトニングの考慮点

未治療の虫歯やすき間のある詰め物などがありますと、薬が浸透して神経にダメージを与えることがありますので、治療してからする事をお勧めします。

ホワイトニングは天然の歯のみを白くする作用があります。

人工の白い被せ物や詰め物をしていると色の差がでてしまいます。その場合は新しく被せなおしたり、詰め直したりして色を合わせます。

※妊娠中・授乳中の女性の安全性は保証されておりません。緊急を要する治療ではないので、安心して治療出来る時期までお待ちいただくことをお勧めします。

これだけは守ってほしいこと

予約した時間に必ず御来院ください。定期的に歯、歯肉に異常がないか、進行状況はどの程度かをチェックします。

トレーの装着時間は、歯科医の指示を厳守してください。

押し出された薬剤を飲み込んでいると、咽喉に痛みを感じることがありますので、吐き出すようにします。

トレーを使用したら水洗い・乾燥させてトレーケースに入れ、清潔に保管するよう心掛けてください。また、トレーは熱で変形しますので、熱湯で洗浄しないように注意してください。

トレーを装着したままでの飲食は厳禁です。